東京工業大学 > 情報理工学院 > 情報工学系

ユーザ用ツール

サイト用ツール


ja:activities

活動内容

全体進捗報告(ゼミ)

週2回約2人の学生が個人の研究の進捗報告を行い,スタッフを含め他の学生にコメントをもらいます.研究内容だけではなく,発表のやり方についての指導もここで行います.

B4 (M1) 基礎勉強会

週に2回程度,言語処理の基礎的な内容を把握するために以下の教材を利用して学部生(修士の学生で勉強できていない人も含む)が持ち回りで本の内容を紹介します.

  • 2020年度
    • Speech and Natural Language Processing, 3rd ed (draft). by Daniel Jurafsky and James H. Martin
      • 岡崎研究室と共同開催, オンライン開催
    • 言語処理100本ノック 2020
      • 岡崎研究室と共同開催, オンライン開催
    • [TBA]Neural Network Methods for Natural Language Processing (Synthesis Lectures on Human Language Technologies) (English Edition)by Yoav Goldberg
    • [TBA]Deep Learning (Adaptive Computation and Machine Learning series) by Ian Goodfellow, Yoshua Bengio, Aaron Courville
  • 2019年度
    • Speech and Natural Language Processing, 3rd ed (draft). by Daniel Jurafsky and James H. Martin
    • Neural Network Methods for Natural Language Processing (Synthesis Lectures on Human Language Technologies) (English Edition)by Yoav Goldberg
    • Deep Learning (Adaptive Computation and Machine Learning series) by Ian Goodfellow, Yoshua Bengio, Aaron Courville
  • 2018年度
    • 深層学習
    • 統計的自然言語処理の基礎
  • 2014年度~
    • 人工知能学事典(第7章 自然言語処理)
    • Daniel Jurafsky and James H. Martin, Speech and Language Processing, 2nd Edition

(不定期)研究発表の練習

研究室のメンバーが学会などで発表する際に,その練習を事前に行います.いずれ自分もいつかは発表しなければならないので,発表者がどのように話し,それについてどう指導されるかを見るよい機会です.発表でわからないことは積極的に質問をしましょう.

ja/activities.txt · 最終更新: 2020/04/15 19:18 by admin


© Tokunaga Lab. 2014- , School of Computing, Tokyo Intitute of Technology